別れ話

 休日を丸一日、別れ話に消費した。
 と言っても痴情の縺れではない。しつこい油汚れとの告別である。
 もう色々面倒くさくなって全裸にゴム手袋という、目撃されたら通報間違いなしな格好で、ガス台周りをピッカピカにしてくれたわ!
 その勢いで冷蔵庫やら洗濯機やら動かして、普段やらない箇所まで徹底清掃してしまった。疲れた。
 腰が重いのに凝り性だから、一度やり始めると徹底的にせねば気が済まないのだ。
 日々こつこつ済ませておけってな話であるのだけれど、どうしてもものぐさが先に立って楽に流れてしまうのだよなあ。この性分とこそきっちりお別れせねばと思わなくもない。
スポンサーサイト

取り違える

 安かったので袋で買ったら玉ねぎが余った。
 どう消化するかとちょいと考え、ハヤシライスをセレクト。あれなら牛肉と玉ねぎとマッシュルームで完結させられるので、カレーよりも大分お手軽である。
 というわけで必要品を買い漁って帰宅。
 具材を炒めて煮込んで、さてルーを投入しようかというところで気づく。これビーフシチューのルーじゃねぇか!
 もう一度買いに出るのは億劫だし、具も大して変わらないし、味を濃い目にしてメシにぶっかけて食えば同じようなものだろうと割り切って食した。
 結論から言うと、結構旨かった。
 そういえばハウスがそんなような製品作ってたし、今度あちらも試してみよう。

鶏皮三昧

 この夏、突然鶏皮にハマった。
 熱したフライパンで油を引かずにそのままパリパリになるまで炒めて、でもって鶏皮から出た油で野菜炒めやらチャーハンやら作るとめっさ美味い。いつもは火を通しつつシャキシャキを保たねばとか考える野菜炒めであるが、この時ばかりはクタクタに味が染みるまで弱火でじっくり仕上げる感じ。
 これを麺類の上に乗せて、とりそば、とりうどんを気取ってよも良い。グッドテイストである。
 でも栄養素的にはどうなのであろうか。脂質摂り過ぎとかであろうか。
 まああれだ、野菜ジュース飲んどきゃどうにかなるよね!

めぞれけ「謝意表明に酷似した要求の拡大、もしくは棚からぼた餅」

 RO、生体工学研究所関連のお話。
 勝手ながらTLから、「エレメスを和室四畳半に住まわせる」という設定をお借りしました。
 諸注意については初回参照の事。

 また1万字ちょいである。無駄に長くてすまぬ。
 季節感? あいつなら死んだよ。暑さでな。
 めぞれけシリースはこれにて一先ず完結。懐かしい面子を書いて俺は楽しかった。読んだ方にも楽しんでいただければ幸いであります。
 ここまでのお付き合い、誠にありがとうございました。

続きを読む

めぞれけ「ウィンザー効果を伴う指摘、ところにより灯台下暗し」

 RO、生体工学研究所関連のお話。
 勝手ながらTLから、「エレメスを和室四畳半に住まわせる」という設定をお借りしました。
 諸注意については初回参照の事。

 各人の名前の綴りはエレメス=ガイル(Eremes Guile)、カヴァク=イカルス(Kavach Icarus)、ラウレル=ヴィンダー(Laurell Weinder)で、IDはこれを職業を織り交ぜてある。多分わかると思うけど、わかりにくかったらすまんっす。
 あと遊び心でこんな形式にしてみたけれどもマジ書きにくい。もうやらねぇ。
 ちなみに前回のタイトルに使った単純接触効果ってのは、「同一対象に接触を繰り返すと、次第によい感情を抱くようになる」みたいな心理学のお話。話した事はないけど毎朝同じホームで同じ電車に乗ってる人に親近感を抱く、みたいなヤツである。
 今回のウィンザー効果も同じくで、これは「当人から得る情報よりも、第三者を経由して得る情報の方がより信憑性が高く感じられる」というもの。商品を紹介する時に「お客様の声」を入れ込むようなもんですな。
 というわけで、タイトルはロードナイトさんとは一切関わりがありません。ご諒解ください。

続きを読む

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ