ドラゴンズクラウン/通常行こうぜ!

 帰ってきたら某所が緊急メンテナンスで小説更新できなかった。不貞腐れて久方ぶりにドラクラ触ったらやっぱりめっさ面白い。というわけで、メモだけしてあったネタをきちんと書き上げようと思いました。
 よって以下、ドワーフによる基本的にドワーフの為のウルティメイト話である。
 ちなみに現行のスキル構成はこんな感じ
 ボディプレスを一度のジャンプで2回出せるようになるので、本当はイーグルダイブは3欲しかったけど我慢。完全に切らずに2振りなのは、爆撃による幽霊消毒が結構利便だから。乱戦になると松明は地味に取りにくい時がある。
 夢幻も501層を越えるとボスのカウンター魔法がひどいと聞いたのでフレンジィはどうしようかと思っていたけれど、実際行ってみるとそこまで激しい弾幕ではない。定位置で殴り続けるのは難しくなったがある程度殴ってアッパー出して逃げは十分可能な雰囲気なので、おそらくMAXのままで行くであろう。

続きを読む

スポンサーサイト

ドラゴンズクラウン/爆発のススメ

 ドワーフスキル雑感として、「ラーヴァバングルによるダメージの上昇量は決して侮れない」みたいな事を書いた。
 いやでもそんなざっくり言われても、実際どれくらい伸びてるのよ。
 俺自身も気になったので、ちょっくらロニ君に付き合ってもらって調べてみた。勿論彼の仕事はいつもの通り、サンドバッグの役目である。

 キャラクターはLv173ドワーフ、STR301、DEX208、LUC206。
 装備は氷属性追加ダメージ38%つきの216-255ハンマー。ダメージに関わるオプションは与ダメ合計+195%、クリティカル率+18%。
 アウトバースト、ラーヴァ、フレンジィをMAXにして、これでロニをぼてくり回したところ、

通常           25~27万
+ラーヴァバングル  32~34万
+パワーリキュールL 30~33万
+ラーヴァ&PL      35~39万

 と、こんな数字になった。回数は各5回程度だから物凄く正確な数字ってわけではないのだが、結構な差が出るものである。
っつーかおい、パワーリキュールLよりもラーヴァの方がダメージ上昇値が高いぞ。爆発に与ダメ系が乗るからもりっと伸びるのであるな。
 これがロニ公が柔けぇからって結論じゃあ寂しい。ちゃんとした敵でもチェックしてみよう。そうだ、こういう時の為にすぐ行けて好き放題殴れる置物さんがいるじゃないか。
 というわけでウルティメイトのエンシェントドラゴンさんちにお邪魔して、やはり各5回ずつぶん殴ってきた。
 キャラとスキルは同一で、装備は氷属性追加ダメージ37%つきの255-255ハンマー。ダメージに関わるオプションは与ダメ合計+175%、クリティカル率+18。
 対人装備でロニ殴った時は英雄アミュレットつけてたのだが、フレンジィで最後まで殴り切る縛りがある都合上、HP減少で数値がズレる可能性があるのでこちらでは外している。

通常           207734 212417 199675 203396 212079
+ラーヴァバングル   232067 232572 228963 204657 237976
+パワーリキュールL  229371 243975 236138 239700 238978
+ラーヴァ&PL       266569 269134 270801 283040 262980

 平均値でこそリキュールに劣るが、クリティカルの具合によってはそれに迫るダメージを出している。なかなかイケているではないか。
 しかし数値を見るとやっぱりクリティカル率+つきの騎兵隊ガントレットとか欲しくなってくるな。そろそろ真面目に天廊昇るか。

 さて、一応の数字が出たところで再注意である。
 過日も書いたが、ラーヴァバングルには最適距離というものが存在している。
 このスキルによる爆発はドワーフの腕輪を中心にした円上に発生し、当たり判定もこれに準じる。この為攻撃対象と密着していると殆ど爆発がヒットせず、まるでダメージが伸びない。
「言うほどラーヴァ強くねぇよ」と思ってる人は、おそらくこの状況にハマってる。
 突き出した腕輪が相手と重なる距離こそが最適の間合いであるので、これを意識して起爆してやっていただきたい。
 では、良い爆発ライフを。

ドラゴンズクラウン/ドワーフスキル その2

 ドワーフ!
 それは力、パワー、ストレングスを兼ね備えた究極の生命体である!
 だんだん枕がいい加減になってきた。
 こないだに続いてドワーフスキル解説第二弾である。注意点も前回と同文。
 しかしこの火属性スキルオンリーっぷりを見ると、ドワーフたちが古のドラゴンに攻め滅ぼされたというのも頷けそうな気がしてしまう。大抵の竜は火耐性持ってるしな。
 でも冷静になってみると、エンドラのヤツは耐性不所持である。更に考えてみれば、ドワーフどもが集団でトールハンマーぶちかまして来るという光景、それはなんかもう手のつけようのない有様なのではなかろうか。
 誇り高き復讐せし者と女王がマブダチな現在はともかく、そんなドワーフ王国が隣にあるハイドランドの未来は暗い。

続きを読む

ドラゴンズクラウン/投げ&ドワーフスキル その1

 大分時代に取り残された感があるが、メモ帳にはまだ色々と書き残されている。
 折角データ取ってそれきり放置ってのもなんか勿体ないので、日記のネタがない時に拾い上げて活用する事にしたい。
 というわけで今回はタイトル通り、ドワーフの特徴である投げと、スキルについて語る。
 以下、愛が詰まってるので長くなるぜ。あと自分が動きやすい形を模索してのものなので、当然偏見のグラス越し。使いこなす人は俺が酷評したスキルだって使いこなしているだろう。
 そしてこれらは全てver1.06の状況下においての情報であり、パッチひとつで使い勝手が大きく変わる可能性がある。
 これらの注意点を踏まえて、情報の咀嚼には十分ご注意いただきたい。

 さて、本題に入る前にここでひとつ豆知識だ。
 画面が切り替わったり、ボスの出現前の間で無意味にエレメンタルロアーを放っているエルフがいたら、その中身は十中八九ドワーフである。
 理由? それはドワーフを使ってみりゃあわかるさ。

続きを読む

ドラゴンズクラウン/コモンスキル

 オンラインマルチプレイやってると、ドワちゃんの丈夫で長持ちっぷりが際立つと思う。特にウルティメイト通常。
「ガードをしそこねた? では死ぬがよい」
「パリィをしくじった? では死ぬがよい」
「メテオを撃ち終えた? では死ぬがよい」
「高度調整をミスった? では死ぬがよい」
 そんな感じで屠られていく仲間たちを尻目に、一人LPが増えていく。いやサボってない。決してサボってないアルよ。
 前振りはここまでとして、今回の話題は全キャラクター共通で習得可能なコモンスキルに触れてみたり触れてみなかったり。
 尚、以下の文章は全てver1.06の状況下において書かれている。パッチひとつで使い勝手が変わる可能性があるので、情報の咀嚼には十分注意していただきたい。

続きを読む

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ