めぞれけ「ウィンザー効果を伴う指摘、ところにより灯台下暗し」

 RO、生体工学研究所関連のお話。
 勝手ながらTLから、「エレメスを和室四畳半に住まわせる」という設定をお借りしました。
 諸注意については初回参照の事。

 各人の名前の綴りはエレメス=ガイル(Eremes Guile)、カヴァク=イカルス(Kavach Icarus)、ラウレル=ヴィンダー(Laurell Weinder)で、IDはこれを職業を織り交ぜてある。多分わかると思うけど、わかりにくかったらすまんっす。
 あと遊び心でこんな形式にしてみたけれどもマジ書きにくい。もうやらねぇ。
 ちなみに前回のタイトルに使った単純接触効果ってのは、「同一対象に接触を繰り返すと、次第によい感情を抱くようになる」みたいな心理学のお話。話した事はないけど毎朝同じホームで同じ電車に乗ってる人に親近感を抱く、みたいなヤツである。
 今回のウィンザー効果も同じくで、これは「当人から得る情報よりも、第三者を経由して得る情報の方がより信憑性が高く感じられる」というもの。商品を紹介する時に「お客様の声」を入れ込むようなもんですな。
 というわけで、タイトルはロードナイトさんとは一切関わりがありません。ご諒解ください。

続きを読む

スポンサーサイト

めぞれけ「単純接触効果の開始地点、或いは割れ鍋と綴じ蓋」

 RO、生体工学研究所関連のお話。
 勝手ながらTLから、「エレメスを和室四畳半に住まわせる」という設定をお借りしました。
 諸注意については前回参照の事。

 しかし 何故俺は9,000字弱とか書いているのか。 一話当たりはもっと短いはずだったのに、おかしい。
 仲悪い二人を書いてたら筆が滑った感はある。
 バイト先はについては人様の脳内にお任せしたい。おそらくファミレスかなんかであろうか。揃って執事喫茶とかだったら大爆笑である。

続きを読む

めぞれけ「住居侵入に関する三つの見解、味噌の香を添えて」

 RO、生体工学研究所関連のお話。
 勝手ながらTLから、「エレメスを和室四畳半に住まわせる」という設定をお借りしました。

 注意点。
 以前短編を書きなぐった折に色々と混乱を生じさせてしまったようなので、今回は通称リーグ戦で書いたカップリング展開のみの組み合わせといたします。こいつはこういう話を書くんだなっていう、わかりやすさと安心感重点である。
 また現代ものっぽくする上で、上記から微妙に性格も変更している部分もあります。出会い方が違えば関係もって事で、ひとつよろしゅうに。
 個人の楽しみとして公開するけれど、落書き、走り書きの類である。ご賞味の折にはそこらをご了承の上でお願いしたい。粗いのは見逃してもらう方向性でゆく。

続きを読む

呼称表

 書く段になって毎度発掘してくるのが面倒になったので自分用メモ。

続きを読む

Clown in the mirror

 RO、生体工学研究所関連のお話。さくらさんに捧ぐ。
 本作品は「生体工学研究所実装10周年記念ペーパーラリー in 京都」のエア参加企画となっております。つまるところ山の賑やかしの枯れ木である。
 尚、中の人はラヘルまでしかちゃんとアップデートされておりません。あとはR化とか三次職とかの時にちょろっと顔を出した程度なので、最新の状況にはまったく無知にございます。併せてご了承ください。

 メインはマーガレッタで、お題的なものは「今なら全部我慢して、『さよなら』って笑ってあげられる、って別れを切り出すエレマガを幸せにしてあげてください」。ぶっちゃけ勝手にかっ攫ってきた。あとお題とか言いつつ、ちょっぴり文章変えちゃいました。てへ。
 マーガレッタの口調は、エレメスの「ござる」と同じく作ってる雰囲気だったので、中途喋りを変えてたりします。キャラクター崩壊っぽく感じられるかもしれませんので、そういうのがお嫌いな方はご注意を。
 あとエレメっさんは調子悪そうなので心配してこっそりついていってたので、ハラキリダイブが間に合ったような感じです。
 タイトルはRoyal Huntの曲から。歌詞がこう、そんな感じかなあ、と。……べ、別にぱっと思いつかなかったわけじゃないんだからね!
 あとこの二人はくっつくまで面倒そうなこの二人だけれども、くっついたらくっついたで「エレメス、愛してる!!」「マーガレッタ、愛してる!!」と結婚スキル連打しまくった挙句、
「今のはスキルだから仕方ないでござる」
「今のはスキルだから仕方ありませんわ」
 とかハモってぶっこいて周りを辟易させるタイプに違いないと思う。

続きを読む

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ