猫と木登り

 駅に行く途上で公園を抜ける。今日も通り抜けようとしたら、やたらとにゃーにゃー声が聞こえる。ふと見上げたら、樹上で子猫が鴉に威嚇されていた。
 経緯は知れないがちょっと待て君もいい大人だろと鴉を諭して追い払って、久方ぶりに木登りなぞして猫を引き摺り下ろしてきた。
 本人は甚く樹上がお気に召している様子だったが、どう考えても木の上じゃ君に不利だから、どこぞの軒下にでも逃げ込みなさいと。
 帰り道、もしあの木の下に猫の死体があったら俺様超凹むな、などと思いながら通過したが、まあそんなもんなかったのでひと安心。
 シフトにゃ危うく遅刻するトコだった。余計なお節介はもうやめるべ。
スポンサーサイト

事前調査

 PCの値踏みに行ってきた。そろそろ買い換えないとヤバげな様子なので。
 55000でなかなかいいのがあった。っつーか俺様の基本使用は、文章書きと調べものだしな。性能はあまり問わなかったりする。
 だが今はもうあんまり、フロッピードライブ備えてるのがないんだな。
 実はうちプリンタがなくて、印刷したい文書データはFDに落とす→DOSが読めるワープロに展開→印刷という手間を踏んでいたりする。
 大人しく買えって? だってプリンタってまるで心霊現象のようにガタガタ動きやがるじゃん。そこが好かない。大人しく置く場所がないと言え。
 問題はいつ買うか、なんだけどな。踏ん切りがつかないといつまでもだらだらと行く駄目な俺です。

退陣

 スポーツ新聞の一面で知ったのだが、三遊亭円楽師匠が笑点の司会を降りるのだそうな。
 こん平さんも帰ってきてないらしいし、なんというか、時の流れを感じるよな。
「いや俺あのメンバーから真っ先にいなくなるのって、歌丸師匠だと思ってたんだけど」
「何失礼かつ不吉な事言ってるんですか!」
 結構真面目に怒られました。反省。

新年度会

 新年会ではない新年度会。今日はそんな名前の飲み会だった。桜も近所じゃもう散ってしまったしな。
 久々の面子(この時期なのに「あけましておめでとう」とか言ってた)とも顔を合わせられて、まあ楽しかった。
 だが美の巨人たちの録画予約を失念しちまったのは俺的に終わってる。しかし持つべきものは友。1名すかさず録画してくれたりして超感謝。
 そして食いすぎて胃がもたれてる俺。胃薬を買ってくるべきかしらん。

内閣府適性・適職診断/ホリック

 そんなのが回ってきた。わりと診断結果が面白いのでやってみろ、と。
ttp://www.neutra.go.jp/diagnosis/
 んで俺様の結果。
ttp://www.neutra.go.jp/diagnosis/result09v2.html
 あんまり面白くなかったんだが! ネタとして面白い云々じゃなくて、自覚してる性格部分との齟齬が殆どなかったって感じでの、面白くないって意味だけどな。
 ちなみにこの手の診断やると、ほぼ確実に俺は「リーダー気質」とか出る。だがむらっ気が多い上にひととまとめる上での継続的な情熱/気力を持たないので、適任じゃない事この上ないと思う。
 まああれだな、俺はもうちょっと回りのひとに気を使いなさいって事だな! …無理無理。


 薦められたので忘れずに見てみた。スガシカオいいなぁ。
 というか何このわかり易いリアクションかつツッコミ体質の不幸眼鏡。彼が主役で何か見えたりして、んであの謎女性のトコでバイトしてるとか、そんな話か。
 ああ、確かに素材は俺は好きだな。時折気になるくらい手足長ェけど。話もいい感じだったので、今後も見ますよ。ええ、忘れなければ。
 しかしアヤカシ研究会って一体何だ。

stray dog

 なんか4月24日からのシフトの俺の名前、ナチュラルに「野良」って書かれてるんですけど。
 どうなんですかその野犬扱い。っつーかこれ本部にまで回るんですけど。どんな生き物ですか俺。
♪首輪外せないけれど、誰も撫でないけれど、何処へでも走っていけるさ。

ククククロアゲハチョウのように

 スガっち(←馴れ馴れしい)の新曲を聞いた。オカシガスキスキスガシカオ(回文)。以前も言った気がする。
 19才。最初どうしても「ジュウクサイ」と聞こえてしかたがなかった。
 いやなんか耳につくぜ。いい感じだぜ。
「ところでスガシカオって、名前は知ってますけど代表曲って出てこないですよね」
 言われてみれば、「誰もが知ってるこれぞスガシカオの曲!」ってのはない気がする。夜明け前辺り? 
 きっと今回も2週くらいで有線から消えてしまうのだろうなぁ。
「そういえばPV見ました?」
「んにゃ、見てない」
「エロエロですよ?」
 どんなだスガシカオ。

モナリザの背中よりも

 無事録画できていた美人(略称)を見た。
 レオナルド先生はもうマジで天才だと思った。
 輪郭線のない素描とか、筆ではなく指を使った、ぼかしを幾重も重ねた肌とか。 タッチといえば、中途の画家タッチ当てクイズはルオー以外判りましたぜ。(←得意げ)
 ところで先生の設計した自転車のスケッチ見た事ある? 出来たばかりの自転車って、前輪が妙に大きいアンバランスな具合じゃん? でも先生は、今現在の自転車の形状とほぼ変わらない図面を仕上げてるんですよ。やっぱりこのひと、未来から来たのかも知れないと思った。「夏への扉」参照の事。
 あと筆のタッチが存在しないそうです、あの方。
 しかし引っ張り過ぎだ。切るのか、そこで。フレッシュモナリザ見てぇぜ。 

哲学ラドン

 日記タイトルが被るのを好まない俺の密やかな抵抗。
 バトンが回ってきたので受け取って走り出してみる。俺はいつでも! どこでも! 誰の挑戦でも受ける! 疲れてなければね。
「その時代で生まれた哲学は、次の時代では常識になる」なんて誰かが言ってたな。

■Q1.受け取ったキーワード「和」に対する自分のイメージ
 奇麗事。バランス。結局は他との比較であり、どちらにしろ天秤は揺れている。気付かないか、見ない振りをしているだけさ。人の夢と書いて儚い。人の為と書いて偽り。
 でもエゴを抑えて平らかに和するのは悪くないと思うよ。心に余裕がないと困るし。

■Q2. 渡すキーワード
「終」。ここでお終い。

■Q3.今までのそれぞれのキーワードに最初に思いつく言葉

「結果」
 自得。結局自分が何を得たかが全てだと思う。

「愛」
  愛憎。情動の基本。なんだか知らないが良いものとされてるが、くっつく文字で微妙になる。自己愛とか。略奪愛とか。

「至福」
 本読み。好きな書き手のを読んでる時は邪魔した奴を殺してもいいと思う。あと俺よりすごい俺様が降りてきてる時の文章書きも至福の一例。

「無駄遣い」
 時間。よく浪費する。でも無駄の定義って謎。

「写真」
 三人。真ん中が死にます。

「アート」
 縮図。一瞬の切り取り。それまでの生の凝縮だと思う。モディリアーニとか、ルソーとか、ルノアールとか、ユトリロとか。

「情熱」
 枯渇。燃え盛るのも燃え尽きるのも好まない。自律して灯すがよし。

「家族」
 固定。とてもよいもの。偶に会う程度で済むのなら。

「好奇心」
  猫。殺されるらしい。あと生きてる状態と死んでる状態が重なり合ってる。ピートはいい奴だった。

「癒し」
 充実。やりたい事をやっている時の事。

「本」
 人生。「人が本を読むのは、人生が一度しかない事への抗議ではないだろうか」(北村薫)

「掃除」
 計画性。積み重ねの大切なもの。ところで皆、なんで大掃除を冬にやるんだろうな。俺は夏に済ますが。

「心」
 不可視。見えないのに見えた気になるもの。ゴーストトーンみたいなモンか。

「春」
 睡眠。暁を覚えず。いや俺が寝るのは大抵5時6時だけどな。

「記憶」
  不信。他人を疑う前に、まずこれを疑え。

「時間」
  不可逆。主に後悔と重なる。

「不思議」
 人間。如何な不思議も現象も、それを感知する存在があったればこそ。

「ムダ」
 義務。やらなきゃならない事とやりたい事が一致する人生なら素晴らしいと思う。

「友人関係」
 気楽。まさに気のおけないって感じ。友情ってのは尊敬50%軽蔑50%だって、確か椎名誠さんが書いてた。

「無」
 矛盾。無いというものが概念として在るという素敵な哲学。

「正義」
 趣味。「自分のやりたいことで得にならなければ皆趣味だ。私は趣味で世界を守る。そなたもどうだ」(R to G 第十七話・後編)

「平和」
 余裕。生きる事だけに必死なら、なんの文化も芸術も立ち上がるまいよ。

「青春」
 無軌道。盗んだバイクで走り出す。だが若いからといって何をしても許されるわけじゃない。同時に大人だからといって何でも出来るわけじゃない。

「旅」
 未知。無計画にこそ醍醐味がある気がする。山行ってねぇな、最近。

「思いやり」
 水。上善水の如し。後から気付かれたり、なくなって思い知ったりするのが本物。

「信頼」
 友情。そいつに裏切られたら、自分の方が悪かったなのだなと思えるという事。

「妄想」
 原動力。進む方向は保証の限りではない。シュリーマンが代表例。見つけたのは偉いが壊したのは駄目。そいつはひどい、どこまでも胡散臭くて安っぽい宝の地図。

「性」
 フリースタイル。ご自由にどうぞ。ホモでもヘテロでも、ひとりでもふたりでも、あるいは想像の埒外でも。俺を巻き込まないならば。ジェンダーについて語るのは面倒なので、敢えて狭義で。

「依存」
 電気。なくなって知るそのありがたみ。本人は依存対象に気付かない事が多い。

「確実性」
 失敗。例え99.99999%でもその可能性はある。 絶対なんて誰にも言えない。それこそ、絶対。

「寛容」
 なあなあ。興味がないのとどう違うのだろう。

「リアリティ」
 欠如。俺の渡世に欠けているもの。超余裕。

「神」
 米。1粒に7人居るらしい。単位が柱とかいうツッコミは不要。

「かさぶた」
 トラウマ。絆創膏を貼り付けて、気にしないで放っておくのが肝心。いじってるといつまで経っても治らない。

「('ヮ')< さ だ ま さ し」
 音符。案山子が好き。どうも一音に歌詞を詰め込みすぎな気がするがよく聞くとそうでもない。ところで関白失脚って曲、知ってる?

「はがき」
 絶滅。アンモナイトのようなもの。懐旧と郷愁だけでそれが良いと決めるのもどうか。

「風」
 バガボンド。正しく風来坊。透明な印象ながら、だがそれ自体は得体の知れぬモノだったりもする。どっどどどうどどどうどどどう。

「雨」
 デクノボー。そういうものに私はなりたい。賢治続きかよ。

 …なんか悪魔の辞典っぽくなってねぇ?

■Q4. 渡してくれた方へのメッセージ
 これからお世話になるので体調を整えておいてください。
 あといつもツッコミありがとう?

■Q5. バトンを渡す人
 今まさにゴールテープが切られました。お疲れ様、バトン。君は大変よく頑張った。君の偉業は語り継がれる。君の事は忘れない。そうだな、多分30秒くらいは。

If you smell / 「光と闇と」

 what the Rock is cooking!
 スコーピオンキング録画し損ねた。ロック様主演だったのに。東京事変のライブも録画ミスるし、最近ビデオ絡みは散々です。
 きっと大分以前からリモコンの電池が切れたままになってるのを根に持ってるに違いない。
 今回の美の巨人たちはモナリザ。こいつは逃せないので要注意だ。頼むぜビデオ。

 他山の石。20時~翌5時は流石に長かった。中途で頭ボケてたさ。
 集中力的なものを考慮すれば、戦闘は条件付きで2回、掃討/殲滅戦を含んでも3回が限度と見た。
 いや俺もトラップとエネミーの組み合わせを練るタイプだから、拘っちまう感じは分からなくもないのだけれどな。
 時間を短くするコツとしては、やはり判定を減らしていく事かな? 俺GMの時は回避キャラクターがいないから、一回の攻撃で命中、回避、ダメージロール、プロテクションと4回の処理が発生するわけだし。
 しかしタンクゴーレムとヴァンパイアプリーストは先に使われちまったか。いいや、名称を変えてそのうち出そう。

異文化コミュニケーション

 新年度を迎えて時間割が一新されて、大学生どもが新しい授業を履修し始める頃合である。
「実は僕の友人が、英語のオーラルでセクハラかましちゃったんですよ」
 英語でセクハラかよ。やるな。
「講師が女のひとだったんですけどね、最初の授業で『英語で自己紹介しなさい』って言われて、『I like pornograffitti』、って」
 あー、そういう事でしたか。色々とマズイの多いよな。hide with spread beaverとか。
「まあ僕はI like namuamidabutuって宣言してきたんですけどね」
 君も相当な駄目野郎だと常識人のワタクシは思いました。

読み書き

 書き物の話。
 実は俺様、「登場人物に冷たい」とよく言われる。突き放してるとかなんとか。
 そんな事ないっスよ? 俺ハッピーエンド大好きっスよ? はは。(何故笑う)(あ、しまった)
 某所に投稿してきたのの感想を眺めてたら、「試練を越えた先の、二人の絆を信じたい」とか、「甘々のラブラブって展開を是非」とか言われていた。(ラブラブっすか)(マジっすか)
 あれはそういうふうに受信されるのかと思った。うーむ。
 確かに王道じゃあないかも。だがすまん、逆転まであと2回ほどあのまま続く。
 まずプロットを練って、盛り上げる部分とキャラクターの個性付けの部分を考えるからなぁ。でも最後はこうなる、ってのは、書く側だからこそ知ってる事だしなぁ。
 もうちょっと読み手の受ける印象に気を配ってみようと思った、匙加減の苦手な俺様でした。

死ぬ事と見つけたり

 相も変わらず、日曜日はアニメネタ。
 アーチャーがめっちゃ見せ場だった。アンリミテッドブレイドワークスってあれだったのか。しかしなんで彼、主人公にこんな甘いんだ? なんか色々と秘密を握ってるっぽいし、ぶっちゃけ何者だったのか。親父さん……じゃあないだろうしな。新エンディングもこの展開に合わせたんじゃないかっつー勢いでいい具合でした。
 ところで体験版だけ手を出してる邪道な俺ですが、最後に残ってたあれって、学校で生き返らせる時に使った宝石? 登場人物全員に関わりがあったっぽい彼は、マジで何者だったのか。
 そしてバーサーカーはズルくないか。12の難事にちなんで13度死ぬまでは死なないみたいな能力か。貴様は蟹でも踏み潰していろ。

きっと石になる

 友人宅。というか腐海。その一角に掃除機があった。
「何無駄な足掻きしてんの?」
「あれだけ片付けろと言っておいて一言目がそれか!」
 だってまだ梱包解かれてねぇし。っつーか既に新聞に半分くらい埋もれてるし。
「こ、これからだよ、これから」
 いやきっとこのまま堆積して、そのうち化石か石油かになるね。もう駄目だ、この家。

脅威の日本赤十字

 しばらく会わなかった奴から電話で聞いた話。
 どっかで献血すると、先着10名様をメイドがマッサージしてくれるのだそうな。
「冗談だろ?」
「残念ながらニュースでやってた」
「マジっすか」
「マジっす。実はエイプリルフールに話してやろうと思ってたんだがすっかり忘れてた」
 あー、確かにその日言われたらきっと嘘だと信じた。
 っつーかなんでそんな企画が通るんだ赤十字。進むべき方向を間違えてるだろ赤十字。

内外弁慶

 ふと思った。ネット上で強気なひとって内弁慶になるのかしら。それともワールドワイドウェブなんだし外弁慶と呼んでもいいのかしら。だがしかし外弁慶といえばもう覆面作家シリーズですね。「あなたは、どこに居るのですか?」(好きなクセに台詞うろ覚え。しかも確認しようにもあのシリーズ実家だ)。
 …よく考えたらあの編集者、ものすげぇ逆玉だな。

トラトラトラ

 仕事先に行ったらば、なんだか知らないが唐突に動物占いがブームになってた。何故今頃。
「生年月日は?」
 調べによると俺は虎らしい。だが年号は昭和だ。慶長じゃないのとかぎりぎり大正でしょとか無茶言うな。
「信じられない! 私も虎ですよ! うっかりさんと一緒だなんて!」
 失礼極まりない発言だな。
「生年月日偽ってません?」
 ないから。
「で、虎ってのはどういう特徴なのよ?」
「えーと……『嘘がつけない』」
「あーうん、つけないつけない」
「今ついた! 速攻ついた!」
「ところで気付いたんだが、それ返本のヤツかと思ったら売り物じゃねぇ?」「あ、本当だ」
 いやもうマジでやりたい放題だな、ここのスタッフ。

ひと段落か/気になる話

 どうにかこうにか、恐怖のゴールデンウィークまで一息つけそうな気配。何事もなければだが。とか言ってると何事か起こりそうだが。
 ちょっと前に新パッチも当たったらしいし、「楽しいぜ」なんて話も聞かされたので、ROチケットを買おうかとも思ったり。
 でも他にもやりたい事が多すぎて困る。一編のはずの短編が二編に分裂しやがるし、キャンペーンもあと3話で終わりだからちょいと気合を注がねばならないし、あと某 所に久々に投稿したらむしろ暖かく迎えられて却って罪悪感だったりだし。
 まー今日で色々と予定が判明するので、全てはそれ次第。

 先週もしたような気がするが、Fate/staynightの話。
 強化じゃ駄目だとか10年待ったとかどうたらこうたら、ぼろぼろとキーワードが出てきて気をそそられる今日この頃。
 やっぱりあのひとはアーサー王なのですか。抜剣エピソードはちょいと変えてあるのな。
「やっべ、ブラザー試合なのに剣忘れてんじゃん。お、あそこに刺さってる。ラッキーちょっと借りてこう」みたいなノリも好きなのだが。カリルブヌス云々も絡めるのかねぇ?
 そしてエクスカリバーと言えば気になる鞘だ鞘。展開を思い返すに、只今主人公に絶賛貸し出し中だったりするのだろうか。返却して復活したりするのだろうか。
 あとツッコまずにはいられないあのワカメ。いつの間にか仕留められてたのかよ。っつーか回想で処理されんなよ。

3月32日

 疲れ果て。
 あとで日記を書こうなんて思いつつ、気付いたら爆睡二日連続ですよ。エイプリルフールネタなんてそりゃもう死蔵したままですよ。まさにエイプリル馬鹿。まあそんな行事に乗らずとも、「嘘八百八町」とあだ名される俺様だからつきたい時に嘘を言うけれどもな。
 しかしなんで俺はあそこで魔界転生を手に取ってしまったのか。何故あの瞬間風太郎だったのか。久々に読んだら妙に面白かったのが悔しい。
 あちこちでエイプリルフール企画も展開してたが、ALFA・MARS宇宙開発共同組合が私的に一番面白かったかねぇ。全力投球で馬鹿やってる感じが。
プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ