卒業写真

 唐突にバックルームに呼び出された。会議の資料とか渡されんのかと思ったら、今月一杯で辞めるスタッフふたりが待ち受けていた。
「みんなと記念写真撮ってるので、うっかりさんもぜひ一緒に」
 やだよ。そういうの苦手なんだよ。そもそも写真とかに写ると魂が抜けるって言うだろ。
「いいからとっとと並ぶ。あ、うっかりさん真ん中で。両手に花で」
 三人で写真撮ると真ん中のひとが死ぬって言うだろ!
 まあそんなこんなで、仕事中に数枚写されてきました。
 実に丁寧に挨拶までされて、ちょっと卒業式で泣く先生の気分が解った気がしなくもなきにしもあらず。
 あの子らの歩く先によい事が多くありますように、と思う。
スポンサーサイト

無修正でいけるのか

 あの蒼天航路がアニメになっちゃうらしいですよ。
 長尺なんで、どの辺りまでどう展開してどう切るのかもはらはらですよ。やっぱり原作者が亡くなられた官渡くらいで一区切りなのかしら。
「俺たちの天下統一はこれからだ!」みたいな打ち切り風味だけは避けて欲しいとは思います。
 そしてあちこちにある性と暴力関係の描写もどこまでいけるのかしら。董卓様の傍若無人っぷりとかマジで大丈夫なのかしら。
 そんな事を思いつつ、同じくファンの友人にこの話を伝えると、
「深夜枠だな」(断言)
 ……うん、間違いなくそうだよな。
「無理じゃね?」「ぐだぐだじゃね?」とか思ってた魍魎の匣がわりといい感じで出来てただけに、これも頑張って欲しいななどと思うのです。
 いや、製作会社がどうこうとか全然知らないけど、あれができたんならこれも的な意見としてね。
 とりあえず曹騰おじいちゃんのエピソードが省かれたら、悔しくて七転八倒する事請け合いだな。

犬曲

 今昔から題材を採取した芥川龍之介を「乞食は三日やったらやめられない」と批判した同時代評があって、俺はそれはとんだ的外れだと思うのです。
 あれは言説の通用しなくなっている部分を近代風味の翻訳を加えて芥川さんの作品になっているわけで、改良か改悪かはともかく、その改変にこそ物語の肝心が埋まっている。妙味が詰まっている。
 だからこそ、そんな批評は的外れもいいところだと、俺はそう思うのです。
 で、以上を枕にして本題。
 高野健一さんの「さくら」って曲をご存知かしらん。
 この曲も、いつの間にやらカバーされてやがりましてね。ええ。
 芥川なら批判しない。でも好きなものを改悪されたら愚痴のひとつも出ようと言うもの。うん、そんな感じです。

I'm busy

 年始から3月、つまりひとの入れ替わる時期にだらりぐたりとなるのが俺的恒例行事になってきましたよボンジュール。ペース配分!
 新人指導と穴埋めがスペクタクルかつエキセントリックに相まってシュガーレスな感じに青息吐息。英語で言うとブルーブレスウィスパー。もう自分でも意味不明過ぎる。おそらく脊髄を経由せずに恐竜の脳だけで書いている。つまり頭は渋滞で愛はリタイヤ心はどこかで故障中だったり、誰の為に生きてるかなんて自問自答も馬鹿馬鹿しいね、愛と恋との違いを真顔で語りあうほど青かないだったりするんですよ。あれ、恐竜じゃなくてワニの脳だっけ? 爬虫類? まあいいや。
 そういやC&Aも解散らしいっすね。でもふと気付いたらI'm busyってASKAソロ曲っすね。ところでチャゲって、結局今のひとで何代目だったのかしらん?
 大体そんな感じですが、まァ何とかイキテマス。
プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ