驚異的得点力

 ダイジェスト見ただけなんだけども、今回のイングランド戦はいい動きだったように思う。韓国戦なんかよりも全然よかったふうに見えた。
 特に川島さんのセービングがが気合入ってて気持ちいい。イングランド選手には一点も許してなかった。
 しかしそれよりも何よりも、驚異的だったのはその得点力。日本選手が見事に3点決めて、1-2でイングランドの勝利。……うん、俺も最初何を言ってるのか判らなかった。
 っつーかオウンゴールふたつって何事だよ!?
スポンサーサイト

引越し準備

 うちの妹が実家から都内に引っ越すそうです。そんなこんなで寸志を渡してきたのだが、その折に聞いた話。
 妹、「ちゃんと新居見てきたのか」等々と友人からも心配されたらしい。そりゃまあ「契約した不動産屋のビルには風俗しか入ってなくて、最初行った時東南アジア系のお姉さんが階段の途中で泣きながら携帯電話で話してた」なんて話を聞けば皆心配するわな。
 まァそんなこんなで、友人に「準備してきた?」と聞かれた妹御、胸を張って答えたそうな。
「ちゃんとそばの神社に五円玉入れて挨拶して来たしばっちりです!」
 そこかよ。ちなみに新居の周りは本屋がいっぱいあっていいとこだそうです。そこかよ!

見知らぬ友人

 信長の野望つながりで、元筆頭ことDさんとサシでメシ食ってきた。
 付き合いは結構になるけれど直で会うのはこれが初。すっげぇゴリマッチョな兄貴が来襲したり、男ふたりで駄弁るつもりが女の子来ちゃって予想外の展開にフリーズしちゃったりしたらどうしようかとも思ったが、まァそんな事もなく。
 彼は超絶いいひとオーラを放つナイスガイでした。ちなみに俺は「トトロ(大)に似てるって言われるのが判る気がする」って言われました。
 焼肉(俺の嫌がらせじゃなくあちらの希望である、念の為)食いつつ2時間半くらいえんえん皆の去就とかあれこれ談話。
 店を出たところで、た総帥からの着信履歴があるのに気づく。そういえば前日、「会話に困ったら電話するから正座して待機してろ」ってメールしたんだった。
 そんなわけで、総帥にイタズラ電話。番号知ってる俺が電話して、Dさんが会話。
「17時に集合って言ったのに何で来ないんだ」
「大阪じゃボケ!」
 くらいのジャブの応酬から始まって、二人仲良く会話してた。俺はその様を見ながら横で大笑いしていた。俺は君ら大好きだ。
 まーなんのイベントがあったわけでもないが、だらだらと実に楽しかった。今度は面子増やして6月にまた企画してみようかとかそんな話も出て、次は生総帥に遭遇できるやもしれない。

レンジアップ最強伝説

 知ってるひとは知ってるであろう話。
 たまねぎあるじゃないですか。いわゆるひとつのオニオン。
 あれを程よくやわらかくしようと思うと、地味に根気が要る。各種丼物にカレーにハヤシ、味噌汁等々に定番の具材だってのに、ちょっと手を抜くと微妙に固くてイラっとできる。
 あれねー、ラップしてレンジアップするといいんだそうですよ。中1個なら4~5分くらい。試しでこの手法で牛丼作ったら滅法いい感じに仕上がった。大変にうまかった。電子レンジって素敵な調理器具だなぁ。
 そして余談。
 感動のあまり話題にしてみた。
「ああ、それ知ってます。かなりやわらかくなるらしいですね」
「知ってるのに伝聞かよ! 試した事ないのかよ女の子!」
「だってたまねぎ嫌いだし」
 予想外の偏食でした。
「……結構食べれるもの限られるよね?」
「なかなか大変です。外食の時だとセルフサービスで抜いたりします」
 その努力、好き嫌いを治す方向に使わねぇ?

支配率

「ここはお前に任せるぜ」横パス
「いやいや、お前が輝くべきだ」横パス
「このおいしい局面はお前に譲るさ」横パス
「おっと、俺にばかりいい格好はさせないぜ」横パス
「ふ、ちょっとプレスがきつくなってきたか……」バックパス
「俺しーらね」ロングの縦パス
 こういうのをボールの“支配”と呼ぶのかどうか大変疑問。
 バックパスの時にファンブルして攻められるか、ロングパスカットされてカウンターされるかの展開ばかりな気もします。
 言明したようなもんだけれども、何の話かは敢えて書かない。

前世の因果

 世界一絵の下手な画家。偉大なる日曜画家。アンリ・ルソーはそんな風に評されるそうな。
 巻尺と定規でモデルの額、眉、鼻、口、顎、首、精妙に測っていって描くのに、どうしてかデッサンがおかしい。けれどついぼんやりと見続けてしまう、不思議な魅力がある。
 丁度こないだの美の巨人たちでピックアップされてた画家だ。
 と、まァここまでが枕。
 うちの妹とちょっと話をしてた時に出た、それ絡みの雑談。
「ルソーのさ、『人形を持つ子供』ってあるじゃん」
「まったく和まない娘さんの絵だな?」
「そうそう。私を見た犬ってさ、8割がたあんな顔するんだよね」
 お前は前世で、どんなひどい仕打ちを犬にしたのかと。

見逃した……

 チャンピオンズリーグの決勝見ようと思ってたのに、気づいたら今だった。
 やはり疲れてる時に布団の中でスタンバってたのが間違いだったか。神の手と5人抜きから空いたちょっとの間にオチてたぜ。
 不覚もいいところ。もうすっかりがっかり。

この頃俺に流行るもの

 夜討ち強盗偽綸旨、ってわけじゃないが、歴史絡みの調べ物が面白い。シナリオを作る過程で始めたンだが、こいつが思った以上に面白い。
 そもそも記録ってのは「誰々が何をした」「どこそこで何が起きた」ってのが基本であって、その時当事者がどう思ったか、回りの人間はどう対応してどう考えたのか、そういう話は本人に聞かなけりゃわからない。
 例えるなら「おっかさんがどういう意図で今夜のメニューをグラタンにしたのか」を訊かずに判るかっつー話ですな。
 本人が死んじまったら真相は藪の中だし、たまに本人にしか説明できない衝動の果てが行動として現れたりする。そこに創作と妄想の詰め込み甲斐があるわけでして。
 そんなこんなで最近、どっぷりこちらにハマっていたりする。
 知ってる人物の意外な一面とか、名前だけ既知だったこのひとは実はこんなひとだったとか、こんな御仁がいたのかとそこから調べてみたりとか、興が尽きません。でも時間ばっかりが尽きていきます。

ゴーストライダー

 録画したまま放置してた、ゴーストライダーを見た。余裕で俺の読んだアメコミと違ェ。まあスパイダーマンの如く、クローンが本物と思いきや本物こそがクローンでしかし最後に生き残ったのは本物のクローンみたいな設定があるのだろうと割り切って集中。
 ……うーむ、でもメフィストとブラックハートについては説明不足じゃあるまいか。確か親子なのだっけか、こいつら。あんまり良く知らん。
 ヒーロー能力のペナンスステア。これはなんかよかった。魂についての制約を絡めたあれこれもぽくてよかった。
 ああ、今の特撮技術でアメコミヒーロー実写化するとやっぱ格好いいなァと思う。水っぽいのとか風っぽいのとか、ヴィランがいかしてる。なんつーか、観ててわくわくする。男の子ってのは一生涯中二病罹患者なんだ。
 ちなみに現代映像技術で再現して最もがっかり出来るヒーロー対決は、ダントツでサマーズ家の兄弟対決だと思う俺。
「僕たちの能力は似すぎている。僕のオプティックブラストが僕のまぶたを傷つけないように、君のブラストは僕の体を破壊する事は出来ない!」
 みたいな事を言って、全身タイツ姿のマッチョ二人がその辺の石掴んで殴りあうんだ。シュール過ぎるぜ。

細マッチョへの道

 サントリーのプロテインウォーター500mlにオマケがつく。
「細マッチョへの道」と題して、なんとブルース・リーの携帯ストラップ。ドラゴンキックな写真が掲載されてたが、種類があるのかは不明。じわじわと欲しい。
 納品は来月の8日だか9日だかで、うちは各店2ケース限定。
 細マッチョ遊戯とか怒りの細マッチョとか燃えよ体脂肪とか、今後もあれこれ展開してくださりやがってくれないもんでしょうか。怪鳥音つきになったりすると、凄く素敵だと思うんです。

略奪愛

 うちの妹のマンションの近くに、ものすごく人懐っこい猫が出没するのだそうな。
「動画を見るがよい」
 との事だったので視聴。うん、野生には帰れないレベルで人懐っこい。「撫でれ」と言わんばかりに足元に転がって、目を細めて腹撫でを堪能していらっしゃる。
「でもさー」
 しかし妹、遠い目で呟いた。
「こいつ、しばらく見ないと思ったら、こないだ首輪つけて現れてさー」
 猫話が一転、切ない初恋の話っぽくなった。
 空気の読める俺は、「『うちのタマが、いつもご飯をいただくばかりかおしゃれな首輪まで頂戴してしまってすみません』ってメモをつけておけばいいんじゃね?」なんて提案を喉仏で飲み込んだ。

とっくりTRICK

 だらだらと新作スペシャル2を見てた。
 一時キャラクターの人気に堕したような話作りになってたから、ちょっとどうしようかなー、とか思ってたんだが、警部補矢部兼三を一度も見ないまま終ってしまったので埋め合わせ的な感じで。
 結論から言うと面白かった。
 泣いたり笑ったり感動したりの超大作ってわけじゃない(ぶっちゃけるとそういう“大作”はそもそも俺の趣味じゃない)んだが、面白かった。阿部寛さん大好きだしな!
 時代劇風味の楽しさと言うべきか。牽強付会だろうとなんだろうと、なんだかんだでどたばた事件が動いてオールクリアーお見通しになるまでを見せる魅力がある。
 初代のドラマを見始めたのも、中島らもさんの『ガダラの豚』みたいな話なのかって食いつきだったりする。あのひとの作もまあなんというか突っ走るわけで。娯楽としてありだと思うのですよ、こういうスタイル。あと思い切り話がそれるが『お父さんのバックドロップ』は名作。
 ただ、お父さん話を引きずるわけじゃないが、TRICKの親子ネタだけはそろそろ食傷かな。最初の頃からそれを構成に組み込んでいるような印象があるけれど、その縛りで展開が見えやすくなってしまうなら意味はないのじゃないのかねェ。
 とまれ番組内であれだけやりたい放題のCMして、しかし「まあTRICKだから」で文句が出ない空気を獲得できてるのが一番おいしい気がします。

周? 回?

 祖父の七回忌だった。
 ……七回忌でいいんだよな? 周忌と回忌と細かい違いがよく判らない俺ですよ。回が数え年計算とか聞いた気もするんだがよくわからん。まあいいか、俺仏教徒じゃないし。なんか釈尊が「坊さんは葬式に関わるな、それは俗世に任せとけ」とか言ってた気がするけどそれもあやふや。
 とまれ一周忌、三回忌くらいはともかく、もう七まで来ちゃうと誰の為の儀式なのかっつー気がしてきます。坊様呼ぶ金でその分料理多めにとって、面倒な読経と説法抜きで、自宅でのんびり爺様の昔話でもしようぜ、みたいな。
 まァ爺様の話はでなかったけれども、代わりにというべきか、色々とおめでたい話も聞きました。聞けました。よかったよかった。
 でも親類親戚一同の輪の中で、いいひとのふりをするのに疲れたにゃー。バックファイアで猫がまだ剥がれ切らないにゃー。

引越し手伝い

 友人が地元に戻ってくる運びになったンで、その手伝いに行ってきた。報酬はすき屋のあいがけカレー(並)と近場の串焼き屋のディナーセット。だが移動先は11階。こいつは大変そうだ。
「メリーさんでも息切れしそうだよな」
「エレベーター使えよ、メリーさん」
「『私メリーさん。今10階なんだけど、もうギブアップしてもいい?』」
「あと1階頑張れよ! というか入り口はオートロックだから不審者は入ってこれない」
「『私メリーさん。今、あなたのマンションの入り口にいるの』『私メリーさん。今、あなたのマンションの入り口にいるんだけど……』『私メリーさん。……えと、入り口にいるんだけど、あの……』」
「構ってちゃんかよ!」
 まあ自画自賛だが、引越し作業においては俺様大活躍だった。
 ぷよぷよで鍛えた華麗な配置テクニックで車に荷物を積み込み、2往復予定を1往復に短縮し、新居に着くなりフローリングの床で滑って遊び、台所脇に程よい窪みがあったので体育座りではまり、クローゼットに潜り込み、もう家主から感嘆あまり蹴りを喰らう勢い。
 ともあれ引越し作業を終えて、メシ馳走になって戻ってくると、夜景がすげェ綺麗だった。流石11階、見事な眺望。
「100万ジンバブエドルの夜景だな」
「すっげぇチープだろ、それ」

見えない?

 コカコーラのゼロカロリーって500mlペットボトルをご存知だろうか。
 糖分ゼロ、保存料ゼロ、合成香料ゼロ、カフェインゼロのゼロ尽くしがウリらしい。こんだけゼロだと、じゃあお前の中身って一体何よ的な話になりそうな気がしなくもない。むしろ値段もゼロになればいい。
 ちょっと話が逸れたがこのペットボトル、基本色黒で胴体帯が金色。
 為にコンビニのビニール越しに見ると、ちょっと醤油っぽい。いや、醤油にしか見えない。絶対醤油だろ。
「何でお前、俺んちにくるのに醤油買って来てるの?」
 って言ったら友人に馬鹿にされました。「見えねーよ」と。悔しい。
 悔しかったので職場でも聞いた。
「うーん、あんまり」
「蓋が赤だったら見えたかも」
「ないない」
 反応は芳しくなかった。ぐぬぅ。

癒し系

 母の日とカーネーション絡みでひどい目に遭った。
 具体的に書き連ねても面白い事にはならないので詳細は記載しない。
 でもそのトラブルがなんとかひと段落して、あとは全部責任元に任せりゃいいやってな具合で一息ついたその時、ぽつりとひとりが呟いた。
「平日だったら客数も多いし、処理がもっと大変でしたよね。今年の母の日が日曜日でよかった」
 ツッコむ前に、なんかすっげぇ和んだ俺がいた。うん、君はそのまま育っていけばいい。

HAHAの日

 大体さー、なんだって母の日って毎年くるのさ。
 オリンピックやワールトカップみたいに4年に1回でいいじゃない。そんなたびたびやってこられちゃ、贈るもののネタも尽きるってなモンよ。
 何が一番恐ろしいって、うちの母上の誕生日が6月って事だ。今一生懸命よさげなアイデアひねり出しても、また一月後にワンスモア。プレゼントセンスでも試されているのかしらん。
 どうでもいい話だが、うちの父上は1月5日生まれ。毎年お年玉と一緒くたにして誤魔化している。生まれる日って大事だね。

2年59日

 去る4月24日24時をもちまして、このゲームから隠居いたしました。
 このところ延々情報書き連ねてたのも、終わりにしたケジメみたいなもんだったりする。隠居の理由とかそういうつまらんもんは書かないし、気にもするなっつー感じ。
 知人の方々には信書送ってきたし、一門衆へは掲示板に挨拶残してきたし、親しいメンバーには直接声もかけたし、大体渡す物も渡したし配るものも配ったし、身辺整理はきちんとこなし終えたはず。
 まー心残りがないでもないが、その辺りはお別れにつきものだ。さくっと思い切る。
 ファーストキャラクターの仕官日数を確認したら、2年59日。プレイチケット買ってなかった期間や里にいた時間が差し引きで0になりそうなンで、まあこれが正味のプレイ期間と言って差し支えなかろう。ほぼ争覇の章を駆け抜けた感じになる。
 色んなひとにあって、色んな話をして、焦ったり困ったりムカついたりはしゃいだり大笑いしたりした。
 何よりこのメンバーにあの時声かけてもらって、本当によかったと思う。
 ちょっとしたその縁から以後よくしてもらって、回を重ねて組むようになって、そのうち集団会話に混ざるようになって。俺はおかげさまで、最大級にこのゲーム楽しんだと胸を張る。
 もう何度目になるかわからないけれども、それでも言いたい。
 お世話になりました。それからありがとうございました。皆、元気でな!





 これは恋の歌だけれども。
 まあこういうもんだと思う。
 いい思い出ってのは、振り返った時こういうふうに、お守りになってくれるのだと思ってる。
 ゲームを媒介にしたもんであっても、俺のこの思い出はそういうもんだと思っている。
 直とかでいうとこっ恥ずかしいから、酒呑みつつ書いて二度と見返さねェよ。

 以下、声が届くかもしれないので私信。
 姐さん。リアル友達のあいつから、残したブツを一生懸命分配してくれてたと聞いた。最後まで手間かけてすまねぇっす。
 元筆頭。渡した装備系は、できたら一線で動くメンバーに使ってほしいと思います。力不足かもしれんけど、自分でとか現筆頭のとこの武士道とかで有効活用していただけるとありがたく。
 筆頭。最後の最後、滑り込みで会話したからもう言うべきはないんだけど、総帥が復帰したらぜひあざ笑ってやって欲しい。
 総帥。なんか俺が巻き添えにしたみたいだろコノヤロウ。突然過ぎてマジで困った。きっといつの間にか復帰してると思ってる。

テーマ : 信長の野望Online ~争覇の章~
ジャンル : オンラインゲーム

励め、武技鍛錬

 武技鍛錬の仕組みと報酬、敵の位置と戦闘情報については以前書いた
 しかしまあキツい職ってのはいる。うちのはあれこれやりくりして全員閃光大神までは大体撃破できる感じになったんで、その手札晒してみようかな的企画。もっといいやり方あるかもしれんけどな!
 俺のスロットは武士道、医術、密教、暗殺なのだが暗殺については書かない。懐剣二刀紫燕で参までは即殺だし、四と伍は付与も不動も何もかも無視して変幻自在~闇中一殺決めればいい。
 ……っつーかアタッカーは瞬殺し過ぎでむかつくなちきしょう。難易度の差が著しいぜ。
 あ、あと四方山話に「ちたま」「渡来怪僧の噂」を追加。これで俺の知識は大体全部吐き出した終えたかねェ。

続きを読む

テーマ : 信長の野望online~新星の章~
ジャンル : オンラインゲーム

鬼門比叡山:vs叡山のオボロ

 昨日紹介したなっちゃんの忠犬。それがこの叡山のオボロである。
「外見はどう猛だが、実はメスである」とは戦国絵巻のお言葉。でも絵巻に載るイラストからして既に獰猛とかそういうレベルじゃない。マジ怖い。夜道端で会ったら泣く。昼間だとしても子供は泣く。そんなイキモノ。
 通常POPはしておらず、那津の錫杖を使用して呼び出す形になる。呼び出し位置は鬼門比叡山入ってすぐを右折。叡山大蜘蛛を突っ切った奥の広場の北側。
 呼び出しに成功すると派手な落雷エフェクトが出るので他の徒党員にもすぐそれと判る。ちなみに錫杖は召喚すると消失する。
 蜘蛛を倒してしまうとこの辺りに北嶺の大熊(3体)が、更に熊を倒すと悟り鼠(5体)がPOPしてしまうので気をつけたい。
 オボロは移動タイプの赤ネーム。九州府内攻めの積荷爆破で出現するリゲルのように、透明・無反応状態で規定ルートを巡回しており、呼び出しによって顕在化、かつPCに反応するような形になっていると思われる。
 出現位置次第ではいきなり襲われるので。呼び出し役以外は広場の南東側の壁に張り付いているといい。呼び出しポイトから表比叡山でいう比叡山荒くれのいる辺りまでを南北に往復移動するので、そうしておけば急襲される可能性は低い。
 あと注意がもうひとつ。
 呼び出しタイプの敵である為、全滅して全員が外に出てしまうと、那津を倒して杖を出すところからやり直しになると思われる。万一の場合は成仏するタイミングをずらしたりして現状維持の努力をしておこう。

続きを読む

テーマ : 信長の野望Online ~争覇の章~
ジャンル : オンラインゲーム

鬼門比叡山:vs山法師那津

 カレンダーの赤い数字は出勤日の合図だと思う事にしています。ええ、年末とかGWとかお盆休みとかありえない。なんの都市伝説であろうか。
 そんなノリで帰ってきて、ちょっとうとうとたと思って時計を見たら今だった。少し悲しい。嘘。大分悲しい。
 俺の悲哀はともかく、今回は山法師のなっちゃんについて語ろう。
 所在はお馴染み鬼門比叡山。日吉の武人がうろついてる山門を通過せずに東に折れた突き当りの広場、南側の草むら辺りにぼけっと彼が山法師那津そのひとである。
 良明坊の弟弟子だそうなんだが、絵巻の解説を見るに滅法いいひとっぽい。その性格が禍いして、と言うべきか、鬼門比叡山の絵巻対象連中の中では一番弱いような気がする。
 

続きを読む

テーマ : 信長の野望Online ~争覇の章~
ジャンル : オンラインゲーム

鬼門比叡山:vs独り天狗雷丸

 独り天狗、などと名乗りつつ、6人の仲間を引き連れて鬼門比叡山をうろつく羊頭狗肉君。天狗だけに狗肉。うむ、うまい事言った。……いいんだ気にするな、俺が悪かった。
 倒した後の絵巻を見ると、ちょっと悪い事した気分になる。「独りじゃないじゃん!」とかあやつけてすまんかった。
 鬼門比叡山、日吉の武人が屯している山門を抜けた東西の道をうろうろしている移動型の黄色ネーム。
 日吉の武人を倒すと移動経路に山王の神人(3体)が、それを倒すと更に権現の遺猿(5体)が湧いちゃったりするので面倒くさい。極力頑張って走り抜けよう。
 現地をうろつく巡り僧は倒しておいた方が気楽かもしれない。
 敵さんの陣立ては、相も変わらずこちらを参照の事。

続きを読む

テーマ : 信長の野望Online ~争覇の章~
ジャンル : オンラインゲーム

雑魚でも同じ刺身にゃならぬ

 FISH SCRATCH FEVERが地味に好きだ。あとDOUBT’97開幕の「うそつき」には毎回痺れる。「オレが何したって言うのさぁ~」。
 まあそんなこんなで毎年、5月の大型連休頃にはCD引っ張り出して聴く。っつーか全部大好きなんだけどもさ。いうなれば捨て曲なし。
 さて、もう何回忌になるのだろうか。
 そーゆー音とは何の関係もない事はざくざくと忘れ果てる。
 ともあれ、最近知った全力のお勧め。



 アップした御仁も、ものっすげぇhide好きなんだなあと思う。選曲と繋ぎが半端ねェ。PSYCHEからOBLAATとDICE~MISCAST~FLAMEの流れが俺的白眉。
 実はhide版のMISCASTは、恥ずかしながらこれで初めて聴いた。そしてびびった。久々に曲聴いて肌がぞくっとなった。
 時間をおいて聞いてみると、昔は拾えてなかった音が聴こえてきたりする。その度に、このひとは凄かったんだなと思う。でも新しい音を聴く事はできない。それだけを寂しいと思う。

新星四方山話

 突き詰めないまま放置してしまったり、テキトーに流していたり。
 そんなどーでもいいような話のごった煮。

続きを読む

テーマ : 信長の野望online~新星の章~
ジャンル : オンラインゲーム

鬼比叡の走り方

 死んだら拠点だ鬼比叡!(挨拶)
 レベル高くて反応いいわ、足の速いのが多いわで苦労する方もいらっしゃると思うンで、俺式の鬼比叡走法などを記してみようと思う。
 仮にこの通りに走って絡まれたとしても責任はとらないがな!
 さて、まずは鬼門比叡山を4分割。

1.良明坊まで
2.弁駒広場まで
3.崇伝まで
4.天海まで

 難易度の高い順に並べると3>1>2>4(当社比)。崇伝前の赤ネームは「将棋か! お前は将棋の王将か!」って叫びたくなる配置だし、良明坊まではさり気に絡まれやすいポイントが多い。
 とまれ走る距離を決めて上手くやってのけたら一息入れて、そんでじっくりNの動きを見て移動した方が無闇に強行に頼るよりも安全に進める可能性が高いと思う。死んだら拠点という面倒仕様を心に刻んでいこう。
 そんではこのナンバリングで、それぞれ走路についてだらだら述べてみようじゃないか。

続きを読む

テーマ : 信長の野望Online ~争覇の章~
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ