スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレの神様

「トイレにはそれはそれは綺麗な女神様などいない。そこにいるのは加牟波理(がんばり)入道だ」
 そう言ったら超どうでもいいひとを見る目で見られました。
「何ですかそれ。マニアックにもほどがありますよ」
「トイレの神様馬鹿にしてるんですか」
 おい鳥山石燕先生も描いてる由緒正しい妖怪だぞ。正月にトイレで「加牟波理入道ホトトギス」ってまじないを叫ぶとその年一年、トイレの禍いに遭わないんだ。
「何ですかそれ。マニアックにもほどがありますよ」
「そもそもトイレの禍いってなんですか。用を足した後にトイレットペーパーがない事に気づくような不幸を回避できるんですか」
 ……昔は厠ってのは家の外にあったンっすよ。そこはちょっとした日常的な異界だったンっすよ。
 そうそう厠で思い出した。
 かの戦国武将、武田信玄は厠を常から「山」と呼んでいたのだそうな。
 不思議に思った部下が理由を訊いたところ、
「常に草木(臭き)が絶えぬゆえ」
 おい駄洒落か。駄洒落なのか。ドヤ顔が目に浮かぶようであります。
 そして今年最後の日記だというのに、こんなオチでぐだぐだのまま終る。まるでこの一年を象徴するかのようだね!
スポンサーサイト

謎の血痕

 熱い風呂が好きだ。
 体にいいとか悪いとか、そういう観点は問うてない。ぬるま湯で半身浴が体にいいとか、そんなのまさに論外。
「あちーじゃねぇかコノヤロウ」
 とかひとり呟きつつ、どばっと肩まで浸かっているのがよい。一人暮らしの基本として、連日一番風呂だしな!
 今日もそんな風呂から上がって、この季節だってのに扇風機に吹かれていた。
 汗が引いて、ちょっくら飲み物でも取りにいくかと立ち上がって、そこで気づいた。
 座ってた座布団にべったりと血が付着している。しかも結構な量。
 なんだ痛みのねェのにどっか切ったかこれが世に言うカマイタチかと自分の体を検めたが、どこにも傷はない。というか血の一滴すらついてない。
 うーむ、不思議な事もあるもんだ。まァ年末だからな。

風凍る

 一体なんですか今日の寒さ。日が落ちたら風が冷たくなる昨今といえども一入だ。まるで氷水の中に浸けられたような気分だった。年末の予定で友人と連絡とっていたのだが、携帯電話を持つ指の温度がなくなるほどだった。
 そんな冬の最中ではあるけれど、本日は日付の変わる前に帰宅。
 そういえばご無沙汰だったなと、夕食の支度しつつ2355などを視聴。目当ては勿論今日のトビー。

「クリスマス
 おおみそか
 おしょうがつ」
「つまり」
「ケーキ
 おそば
 おもち」

 和むなァ、この魚類。ペットショップじゃトビハゼ人気に違いないよ。ところで観賞用の魚売る店もペットショップと呼んでいいのかしら。それともちゃんと魚屋と呼ぶべきなのかしら。

冬の策士

 唐突に店頭販売をやろうとか言い出すから、ひどい目にあった。
 台も照明もありあわせで、本日までのケーキ投売りである。そこらはまァ適当でもなんとかなるのだが、この寒いってのに防寒具も超適当。
 オマケに入り口開け放ってやりましょうとか言うものだから、店ン中まで風通しがよすぎてヤバイくらい。
「そうだ、サンタの衣装とか着る?」
「ははは」
「着ない?」
「これ以上余計な事言い出したら流石の俺も暴れますよ」
 結局残り20個中16個を売り上げて、22時を回ったところで切り上げ。ちなみにこのうちのおよそ30%が内部消費である。
 ひょっとしてこれあれか。
 とっとと終らせたい一念で俺らがケーキ買うのを見越しての仕業か。もしかしてひょっとして万万が一そうだというなら、今後策士と呼ばせてもらおう。
 店閉めてあまりの風の冷たさにコートの襟立てて歩く帰途、ローソンの前を通った。
 店員さんはまだ寒そうに外でケーキを売っていた。風邪引くなよ。

初ほうとう

 クリスマスも大晦日も正月も、俺にとっちゃア平日だ!
 意訳して要約すると繁忙期がひと段落。聖誕祭だの年末だのお構いなしに平日モードに移行しました。当然のように年末年始は余裕で仕事なのだけれど、まァ一息入れる余裕はできた。そんな次第で、昨日は忘年会風味に友人宅で鍋。やっぱり冬は鍋ですよ。そして鍋といえば味噌ですよ。味噌味噌味噌。インザミソスープでミソスープは哲学するんですよ。
 そんな調理担当の俺のごり押しを受けて、大根、にんじん、長ネギ、白菜に豚肉と油揚げを購入。常ならばここでうどんを買って具材終了なのだが、ふと棚のほうとうが目に止まった。
「ちょっと上手そうじゃねぇ? 手ェ出してみねぇ?」
 という意見がまかり通って、うどんの代わりにほうとうで行く事になる。
 結果から言うと、失敗しました。
 煮すぎたのか具材多過ぎてほうとうが泳ぐ隙間がなかったのか、あちこちブツ切れてるのにところどころはダマになって、おでんの餅巾着が破れて流出事故った時のような有様だった。俺様のほうとういじりの経験が足りなかった。味は結構よかっただけに悔やまれる。
 別茹でにして火を止めた後に投入、その後しばらく放置して味を染みさせる、くらいの扱いがいいのかねェ。
 そこはかとなく新年会でのリベンジを誓う俺でありましたよ。

滑り込め青春

 今日も今日とて棚卸。
 煙草の値段が変わったから、彼方から此方まで帳簿在庫合わねェんだよこんちくしょう。
 そして既にお馴染みの時間となりつつある終電に乗り込むべく、駅まで猛ダッシュ。こういう時ばかりは普段は温かいコートが仇になる。汗だくになる。
 まーどうにか滑り込みで間に合ったなと駅の時計を見つつほくそ笑んだ瞬間、耳に届くアナウンス。
「他路線の事故の為、時間調整を行っています。当駅への到着は12分遅れとなる見込みです」
 歩いても余裕のセーフだったじゃない。二重の意味でぐったりだ。
 でも傍から見て無駄な労力が青春なのだから、きっとこれもブルースプリングの範疇に入るに違いない。そうに違いないさ。

黒胡椒で船はやれない

 閉店間際のスーパーに飛び込んだらば丁度半額シールが張られまくっているタイミングだった。
 そんなわけでパック寿司など購入して帰ってきてさて食おうと思ったら、醤油の小袋が入ってない。たまに買う店だが、平素はちゃんと醤油はついてる。
 しかたないから自宅の醤油をとってくるかと立ち上がりかけた瞬間、俺の目はひとつの小袋を捉えた。
 うむ、これはどう見てわさび。
 寿司はさび抜きってわけじゃない。貴重な香辛料でもないのだし、わさび2倍セールとかあんまり喜ぶ人もいなかろう。
 されば一体、これは如何なる嫌がらせか。
 あ、ちなみにわさびは2倍チャレンジテストという事で全部使い切った。無理はするものじゃないと思った。

一失

 坂の上の雲、録画予約すンの忘れてたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
 忙しいとは、心を亡くすと書く。
 まっこと、その通りよのう。

頭上の視覚

 友人が住むマンションのエレベーターには、カメラがついている。
 エレベーター内の様子を、1階エントランスからでも眺められるって代物だ。カメラの設定箇所は扉を正面に見て後方頭上。大抵の人は扉に向かって、或いは回数表示を眺めて過ごしているので、丁度後ろ頭が見えるような具合になる。
 今日ちょいとお邪魔する用事があってエレベーター待ちしていたら、中途階で乗り込んで降りてくる御仁がいた。
 カメラに映り込むてっぺんだけ、物の見事にハゲ上がっていた。周りは砂漠化してないのに。
 凝視してはいけない気持ちになって、そっと目を逸らした。
 箱が到着するまで、結局数度チラ見した。

誤訳刷り込み

 英語が微妙に苦手だ。
 耳で聞いた音だけで単語を間違って覚え込んで、そのままのイメージでいる事が多い。
 ビートルズのアルバム「ラバーソウル」はずっと恋人の魂的な何かだという印象を持っていた。「in my life」好きだったし。でもrubber soulだっつーの。ジャケットにモロ書いてあるっつーの。でもsoleとsoulで引っかけて、ちゃんと隠喩があるらしい。
 あとスティービー・ワンダーの「pastime paradise」も「過去の楽園」に違いないと信じてたし、ローリングストーンズの「soul survivor」だって魂的な生き残りなんだろうと確信していた。
 ところでなんでいきなりこんな話かと言うと、久々に聴こうと思って引っ張り出したプリティメイズのMDのタイトル表記が「pretty maze」になってたからである。maidsだなんて夢にも思わなかったんだろうなァ、当時の俺。





 この曲のギターは本気で神だと思ったし、今も思ってる。まさか可愛いメイドさんが弾いてたなんて。
 あ、ちなみに今までの流れで俺様小馬鹿にして鼻で笑ったヤツは以下を日本語にするように。できなかったら半年ほど廊下に立ってるように。

 To be to be ten made to be.

 うん、ぶっちゃけローマ字ですよ、と。
プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。