腐った蜜柑

 飲みに行って来た。
 大分前に隠居決め込んだ信長の野望onlineでの繋がりで、筆頭兼人事部長の企画立案で横浜にて。
 このところ小忙しい上に私事でのばたばたもあって気持ちがかなり切羽詰ってたので、すげェいいガス抜きになった。
 しかしまァ、参加面子に驚いたね。メールでやり取りしてる段階で「会ってのお楽しみのスペシャルゲストがいる」とは聞いてたんだが、いやマジでスペシャルなゲストだった。
 待ち合わせ場所に雰囲気イケメンの筆頭が女の子連れてやって来て、「誰だかわかります?」と来たもんだ。判るわけないじゃない。リアルで会うの初だもの。
 で、結局どちらさまですかと促しての答えが、
「Yです」
 ……。
 スタンドも月までぶっ飛ぶこの衝撃。暗殺と鎧鍛冶の2アカメイン、上手くて強いあのひとがこの美人さんか!
 男だと思い込んでたばかりにリアクションが出ない俺。俺主観と違いすぎてやばい。マジでやばい。ガチでやばい。驚愕のあまり一周してヘンなテンションになってきた。
 うーむ、そうか。イメージ修正せねばなあなどと思いつつ軽く2時間ちょいばかし過ごして、会計済まして帰り際。
「実は鵜狩さんに嘘ついてたんです」
 へ?
「Yじゃなくて、Kです」
 ……。
 …………。
 騙すヤツと騙されるヤツとどっちが悪いか、なんて議題がある。
「騙される方も悪い」ってな言いもある。
 だが俺は断言する。間違いなく騙すヤツが悪い。だって騙すヤツがいなけりゃ騙されるヤツなんて出ようがないのだから。
 参加3名中2名が共謀してハメにくるとか何だよ。何事だよ。ドッキリとかそういうレベルじゃねぇよ。いじめだいじめ。いじめかっこわるい。
 来る途中に「詐称してみなよ。『絶対無い』って即座に言われるよ」みたいな話があったらしい。でも実際に初めて会う相手に名乗られたら、どんなに自分イメージと違っても信じるよな。信じるよねぇ?
「いやー、騙すなんてKさんひどいなあ」
 筆頭、てめェちょっとそこに直れ。
 もうね、ダブルでショッキングでしたよ。くそ、俺の純情な心はハートブレイクだ。あれか、サービスしてくれたのは罪悪感からか! 危うく誑かされるところだった。目がハートになるところだった。
 信じられぬと嘆くよりも人を信じて傷つく方がいい
 でも君たちは腐った蜜柑だ。
 しかも「最近更新途絶えてるみたいだからブログのネタをプレゼントしてあげたよ。喜んでね」みたいな〆されました。
 ちきしょーめ、呪われてあれ。箪笥の角に足の小指ぶつけて激痛にのたうつがいい。
 まァあれだよね、ネタばらしされずにもしゲーム内でYさんに会ったりしたら、「鵜狩昔からおかしいと思っとったけど、とうとう本格的に壊れたんかの」とか切り捨てられてたよね、絶対。
 でも楽しかった。いい時間を過ごせました。また飲み会やりたいね。でも騙しはなしにして欲しいね。わりと切実にね。
 ……フリじゃねぇからな!
スポンサーサイト
プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ