詐欺対処術

 母から着信があった。
 開口一番で「別にこっちに連絡してきたりしてないわよね?」と確認された。聞くに、実家の方へ詐欺めいた電話があったらしい。
 聞き覚えのない声でもごもごと不明瞭な名乗りをするので、「ははあ、これはこちらに名前を言わせてそれを騙るつもりだな」とピンと来て、
「ひょっとしてタケシ?」
「うん、そう」
「声が変だけどどうかした? 風邪でも引いた?」
「そうみたい。だから悪いんだけど──」
「ところでタケシって誰?」
 というやり取りを繰り広げたのだそうな。流石うちのおかんだぜ。
 尚、最後はガチャ切りであったそうである。
スポンサーサイト

予想以上に予想外

 ここんとこ読めてなかった『胎界主』の更新を、ずばっとまとめ読みしてきた。
 いやいや、やっぱ面白いな。3日に1度3ページというペースを長年安定して保ちつつ、更にこのクオリティってのはホントに凄いと思う。アニメ化されればいいのに!
 しかし情叔父さん、予想外の大活躍でなんか笑ってしまった。能力的に落とすはずのない煙草を落としてってそれを拾いに来るツンデレっぷりとか、さすが東郷家の第一位次期当主だぜ。
 無責任飛行辺りで能力の自己解説聞いてた稀男はもう読み切ってたんだろうなあ。だからこそ煙草渡してチョップの流れなのだろう。
 しかも真の胎界主たるデカトン様と張り合うとか予想以上過ぎる。子供の喧嘩レベルなのに両方とも実力半端じゃないからマジ笑うに笑えないという。
 こうやって感情移入する事すらも作者の運ぶ力に乗せられているのに違いないとか思いつつ、それでもどのキャラクターにも肩入れしてしまう辺りが、やっぱり大した漫画であると脱帽するところなのでありました。
 登場人物は多いのに、どいつもこいつも個性的で魅力的なんだよな。学ばねば。

NOWARI

 先ほどの買い物帰り、政治的主張を垂れ流しながら牛歩してくる車に行き会った。
 内容は聞き流していたのだが、何気なくでその車の上部を見ると「NOWARI」と大書きされている。ノワリ? 脳天唐竹割りの略称か?
 一体何のこっちゃと凝視したらば、実際は「NOWAR!」であった。スペース取れよ。小文字混ぜろよ。
 でも空目には、ちょいと立て込んでいるので疲弊しているのもあるのだと思った。自覚症状が薄いのはよろしからぬところなので、きちっと昼寝でもするとしよう。
プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ