スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍化しました!(嘘)

病君(文庫版)

 でもこの画像を見たら、一瞬本当なんじゃないかと思っただろう? 
 づまさんが拙作『病は君から』のキャラクターたちをクリスマスプレゼントとして描いてくださったんである。
 どうだ凄かろう素晴らしかろう羨ましかろう。
 本作は雪麻呂さんにつまようじさんにづまさんにと、三人もの方に絵を描いていただいて、絵心ナッシングな俺としてはもうそれを拝見する度に血反吐を吐いて(喜びで)のたうっていたりする。なんともありがたい限りであって、この場ながら御三方には改めて深く御礼申し述べておきたい。。
 というわけで以下の追記はこの喜びのリビドーのまま語る。ハイテンションである。
 物静かで落ち着いてクールで知的な俺のイメージを崩したくない人は読まぬが吉であろう。

続きを読む

スポンサーサイト

おことわり標識

 近所の家の郵便受けに、見慣れぬ赤色のものが乗っかっていた。
 一体なんぞと近づいたらば、それに書かれていたのは「No Santa Claus!」の文字だった。クリスマス向けのジョーク標識である。
 いやお断りされるサンタって何事だよ。先年うっかり教育上よくないものでもプレゼントしちまったのかよ。
 そんな具合の想像をして、ちょっぴり和やかな心地になった。いいユーモアであるな。

四方裏山話『病は君から』 その3

 大分間が空いちまったけども、まだまだするぜ自分語り。
 というわけで、自作『病は君から』についての四方山話、裏話。興味のない人はスルー推奨。
 今回は二人目のヒロイン、タルマ・クルツについて。
 いや仲良くなる過程と便宜上で「二人目」と述べたけど、実のところ出番的にはスクナナの方が先だったりしたりもする。
 この子もイラストを描いていただいておりまして、「特別なんかじゃない その1」の最下段と「病は君から その3」の下の方で使わせていただいているのがそれである。前者は雪麻呂さん、後者はつまようじさん画。
 雪麻呂さんの大人しそうかつお姉さんっぽい眼差しの表情も魅力的なのだが、つまようじさんの自信なさげにへにょへにょと漂う左手が殊更に俺のツボで、この絵の勝手な命名はへにょタマである。

続きを読む

覚醒の章新技能ざっと検証/密教

 もののふの日に潜り込んで検証してきた覚醒の章新技能、密教編。

続きを読む

覚醒の章新技能ざっと検証/医術

 もののふの日に潜り込んで検証してきた覚醒の章新技能、医術編。

続きを読む

覚醒の章新技能ざっと検証/武士道

 もののふの日に潜り込んで検証してきた覚醒の章新技能、武士道編。

続きを読む

さらば大妖怪

 水木しげる先生の訃報を知った。いや何日遅れだよ。世情に疎いにも程があるだろう。
 俺の妖怪嗜好やああいったものとの付き合い方におけるバランス感覚は、この御人の影響によって形成されたといっても過言ではない。
 悼む気持ちは人一倍であるので、静かに黙祷をする。
 しかしこの人ほど亡くなった後にあちこちで目撃譚が囁かれそうな人ってのもおらんよなあ。今までも半分大妖怪って感じだったけれども、今後は妖怪パワー全開ではあるまいか。
 そのうち水木神社とかできるかもしれない。

家臣取扱説明書 目次

 信長の野望onlineの俺家臣設定の取り扱い説明書記事。
 尚、軍学、鎧、暗殺、古神、医術、刀、能楽、武士、密教、術忍については城下町「霧忍城」にて設定公開中。読みは「キリオシジョウ」ではなく「ギリニンジョウ」である。
 その他の設定は文面にて適宜公開予定。
 もしご利用される方がいらっしゃいましたら、こちらに目を通して可愛がってやってください。
 基本、汎用性重視。動かしにくい場合は適宜条件を有効化、無効化されたし。各対象の特化、種族指定もご自身のキャラクターに合わせてどうぞ。


 武士道
 上級軍学
 鎧之取扱
 武器之取扱
 武芸伝
 暗殺奥義
 忍秘術
 鉄砲之取扱
 綺羅演舞
 殺陣指南
 陰陽道
 古神典
 能楽之美 
 密教秘術
 高等医術

家臣設定/高等医術

続きを読む

家臣設定/密教秘術

続きを読む

家臣設定/能楽之美

続きを読む

家臣設定/古神典

続きを読む

家臣設定/陰陽道

続きを読む

家臣設定/殺陣指南

続きを読む

家臣設定/綺羅演舞

続きを読む

家臣設定/鉄砲之取扱

続きを読む

家臣設定/忍秘術

続きを読む

家臣設定/暗殺奥義

続きを読む

家臣設定/武芸伝

続きを読む

家臣設定/武器之取扱

続きを読む

家臣設定/鎧之取扱

続きを読む

家臣設定/上級軍学

続きを読む

家臣設定/武士道

続きを読む

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。