FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家臣設定/高等医術

1  救命 最大生命降順
   指示あり&種族、職業が神職
  
2  救命 最大生命降順
   指示あり&対象の特化が能楽

3  救命 最大生命降順
   指示あり&対象の特化が殺陣

4  全体解呪・弐
   指示あり&無属性呪詛状態の味方1体以上

5  全体治癒
   指示あり&自身詠唱付与あり

6  快癒法・弐 最大生命降順
   対象の特化が鎧鍛冶&戦闘開始9秒以下

7  快癒法・弐 最大生命降順
   対象の特化が刀鍛冶&戦闘開始9秒以下

8  快癒法・弐 最大生命降順
   対象の特化が武士道&戦闘開始9秒以下

9  待機
   自身に詠唱付与なし

10  救命 最大生命降順
   対象の特化が武士道

11  救命 最大生命降順
   対象の特化が鎧鍛冶

12  救命 最大生命降順
   対象の特化が刀鍛冶

13  救命 最大生命降順

14  全体治癒
   自身の生命80%以下

15  治癒 生命減少率が高い味方
   対象の特化が鎧鍛冶&対象の生命が80%以下

16  治癒 生命減少率が高い味方
   対象の特化が刀鍛冶&対象の生命が80%以下

17  治癒 生命減少率が高い味方
   対象の特化が武士道&対象の生命が70%以下

18  全体治癒
   対象の生命が70%以下

 自動発動実装は「予防術・弐、医療杖術、勇猛果敢、再生・参、存命術極意、錬磨の法・弐、医療知識・弐」。


 武士道随伴用家臣の為、刀と鎧と武士道に回復設定が特化してある。軍学を徒党に含むならば該当箇所を書き換え願いたい。
 開幕快癒した後は、詠唱をきちんと待ついい子。逆に言えば詠唱がなければ基本棒立ちである。
 指示を出した際の行動は状況に応じて変わり、詠唱役の死亡時、強引に準備から蘇生を行うのが1~3の設定。
 該当職、特化の死亡者がおらず、味方に無属性呪詛がある場合は解呪。
 それ以外の状況で自身に詠唱付与があれば全体治癒を実行する。最後の全体治癒設定は看破バーが見えた時や連続で蘇生を実施しそうな場面、大ダメージが予測されて早めに回復を入力しておきたい場合の対応に用いていただきたい。
 二者救護は「最大生命力高い味方」等で単体を指定するとちゃんと機能するのだが、どうも盾以外への余計な回復をしがちなのでオミットした。特化指定も含めて導入するなら悪くない働きをするかもしれないとは思うが、如何せん設定枠が足りない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。