FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り違える

 安かったので袋で買ったら玉ねぎが余った。
 どう消化するかとちょいと考え、ハヤシライスをセレクト。あれなら牛肉と玉ねぎとマッシュルームで完結させられるので、カレーよりも大分お手軽である。
 というわけで必要品を買い漁って帰宅。
 具材を炒めて煮込んで、さてルーを投入しようかというところで気づく。これビーフシチューのルーじゃねぇか!
 もう一度買いに出るのは億劫だし、具も大して変わらないし、味を濃い目にしてメシにぶっかけて食えば同じようなものだろうと割り切って食した。
 結論から言うと、結構旨かった。
 そういえばハウスがそんなような製品作ってたし、今度あちらも試してみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あっら こんなーとっころにぎゅうにっくがー
たっまねーぎたまねーぎあったわねー ♪
ttps://www.youtube.com/watch?v=aw95_E7u174

実際にホワイトシチューをご飯に掛けて食べる人を初めて見た時のカルチャーショックたるや筆舌し難きものであり申した。
しかし、ふと思い出してみたのです。

白飯の上に鶏肉やら野菜やら入ったホワイトソース掛けてチーズのっけて焼けばドリアやん、と。そら米との相性は実証済みだし美味いに決まっているじゃないか、と。
ホワイトシチューをご飯に掛けるなど…と、先入観を持って美味への追及を怠ってしまった吾輩には、きっとグルメを名乗る資格はないのだろうな、と痛感した次第でござった。

しかし、シャコ。貴様はだめだ。
食材として貴様を試そうとした初めの人類に不信感しか覚えぬ。

あとフグ。
貴様が食材として調理法が成立するまでに何人の犠牲が出たというのか。
むしろそこまでして猛毒の魚にチャレンジし続けた先人のガッツはどこから来ていたのか…。経験則の常から言って食べるという選択肢から除外されるべきものだったと思うの…。可食部少ないし。

ところで余ったタマネギさんは、シンプルにオニオンフライ(オニオンリング)を作っても美味いヨ。揚げたてのオニオンフライさんは凶悪でござる。

普通は新玉ねぎでやるのがオススメですが、自分は新玉じゃなくてもスライスしたタマネギ(水に晒した方が食べやすいかも)にかつお節と卵黄を乗っけて醤油を掛けて混ぜて食すのも好きアル。

Re: No title

 このCMコピーがパッシングを受けたという日本の闇。マジ意味わかんねぇっす。
 俺も昔はねぇ、ご飯にシチューとかないと思ってたんですよ。でも言われたんですよね。「お前味噌汁はフツーに白米にかけるだろ?」って。そしたらまあ、ありかなって。
 あと世の中にはたこ焼きでご飯食べたり、ナポリタンで白米食べたりする向きもあるそうですからね。炭水化物&炭水化物。やはり日本の闇は深い。
 
 そして食文化って謎よね。フグとかナマコとかこんにゃくとかウナギとかマジで謎よね。
 フグの肝を味噌につければ毒が抜けるとか、誰が大丈夫になる時間をチェックしたんだよってレベルだし、ナマコとかどう見ても食べちゃ駄目な見た目だし、こんにゃくなんて食べれるようにする過程で栄養素抜けてるし、ウナギは血が毒だけど焼けば大丈夫とかどうして知ったよみたいな。

 タマネギ調理法。
 ああ、オニオンリングはいいなあ。今度余らせたら、鰹節卵黄のっけスライス共々で試してみたいと思いまする。
プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。