FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブチ切れる

 うちの台所の蛍光灯は、機器から垂れ下がった紐を引いてスイッチをオンオフするタイプである。
 さきほど晩飯を作ろうとその紐を引いたところ、明かりが点く代わりにぶちりという感触がしてこれが切れた。まだ熱っぽくて力加減を誤ったものであろうか。全体のおよそ4分の3程が俺の手に残り、あろう事か残りの25%は反動で蛍光灯の機器の中に巻き込まれてしまった。
「うおい」と呟いて、しばし呆然と立ち尽くした。
 だがこのままにはできない。放置していたら暗闇で食事の支度をせねばならなくなってしまう。それは困る。すごく困る。一、二度のことならまだ趣で済ませられなくもないが、毎度闇鍋とかやってられない。
 仕方がないのでドライバーを取り出して病み上がりの体に鞭を打ち、あちこち分解してどうにか紐を引っ張り出した。どうにか解決はしたものの、ものすごい徒労感である。
 こんなことで何気ない日々の大切さ、ありがたさを痛感したくはなかったぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鵜狩

Author:鵜狩
鳴かぬなら 鳴くのにしよう 不如帰

 小説家になろうにて物語を書き撲っております。

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。